強度近視のレーシック手術で視力回復

強度近視も視力回復するレーシック手術

近視度数が-6.00Dから-10.00Dの強度近視の方は、レーシックの手術が受けられず、視力回復も望めないと思われがちです。
レーシックでは、矯正できる近視の度数に限界があり、フラップを作る際、角膜切除範囲も広くとる必要があるので、強度近視の方には向かないと言われてきました。
しかし、最近では技術の進歩により強度近視の方でも、レーシックで視力回復することが可能になりました。
フラップ作成に高性能なレーザーを使用することで、角膜の切除範囲は少なくて済むようになりました。 そして、角膜に照射するレーザーの性能が上がり、強度近視でも矯正できるようになったのです。
特に品川近視クリニックは、症例数がとても多く強度近視のレーシックが有名で口コミでも評判が高いのでおすすめです。

強度近視の人の眼科クリニック選びQ&A

強度近視でレーシックにおすすめの眼科は?
通常のレーシックでは、矯正できる近視度数に限界があるので、強度近視でも矯正可能なレーザーを使用しているクリニックがおすすめです。
品川近視クリニックでは、実績のある医師が高性能な最新レーザーを使用してレーシックを行うので、効果的な視力回復が望めます。

強度近視の場合、眼科選びで大切な事は?
従来のレーシックを行っている眼科は、強度近視の方には適しません。
近視が強くても矯正できる高性能な機械を導入し、技術力の優れた医師がいる眼科を見極めることが大切です。
一度事前検査を行い、眼科の雰囲気やスタッフの対応などを自分の眼で確かめてみるのも良いでしょう。

費用が安い病院が得だし、やはり人気がありますか?
費用が安いからといって、必ずしも効果的な治療が受けられるというわけではありません。 強度近視の場合だと、レーシックでは性能の高い最新式のレーザーを使用して手術が行われる場合がほとんどなので、通常のレーシックよりは少し費用がかかるでしょう。
キャンペーンや割引などを実施している眼科を調べて活用してみるのも、費用を抑えるひとつの方法です。

強度近視の治療法@メニュー

強度近視を1.0以上に視力回復!最新のレーシック手術情報リンク